第18次ものづくり補助金申請支援ご案内

なるべくコストをかけずに最先端生産機械や建設機械を導入して他社をリードしたい、そんな中小建設業・製造業の強い味方「ものづくり補助金」。

支援も次に示すようにオーダーメイド枠で100人以上の企業ですと最大1億円、高付加価値化枠でも成長分野進出類型ですと最大で3500万円までの補助が受けられる大型補助金であり、枠や類型・従業員数によっては、これまでのものづくり補助金より枠が上がります。

出典:ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業 公募要領(18次締切分)1.0版

しかしながら「ものづくり補助金」は採択のための審査があり、10社のうちおよそ半分ほどしか採択されません。また、採択されても実際に補助金が支給されるまでには報告書をだすなど、事務的な手続きをこなす必要があります。

そんな中で設備投資・補助金については次のような悩みを申請される企業様から良くお聞きしています。

「初めて補助金のことを知ったのだが、自分の考えているものが対象になるかわからない」

「競合企業が補助金を使ったので自社も使いたいがどう申請書を書けばいいのか、まったくわからない」(管工事業)

「採択された後にやらなければいけない事の多さで大変だと、周りの企業さんから聞いているので、自分の会社で出来るかわからない」(プラスチック加工業)

「ものづくり補助金以外も、なるべく資金を残したいが2回程度のヒアリングで支援が終わってしまい、採択後の支援ももらえない事があってきちんとした人を紹介して欲しい」(道路舗装業)

こうした悩みはもっともなことです。初めてでは不安ですし、途中で支援が切られてしまうと非常に困ります。でも当社サービスならすべて解決します。

○当社「フェニックスものづくり補助金 トータル支援サービス」の支援ポイント

②トータル支援サービスでは、通常ですと2週間に1回ほど直接ご訪問あるいはZOOMにて、申請に必要な要素をひとつずつ確認して「見える化シート」で明確にして申請書作成を支援していきます。⇒ 補助金を取るだけでなく、機械を買ってからどのようにテストするか、どう売っていくかも相談して実現性の高い計画の支援をいたします。

③トータル支援サービスでは、原則として補助金が振り込まれるまで、最後までの支援ですのでご安心ください。⇒ 採択後に、どんな書類をまとめていったらいいか、報告書をどこまで作るのか、といった方法論で迷う事がなくなります。

コンサルタントの加賀城は2015年よりものづくり補助金申請支援に携わり、これまで40件を超える申請支援を補助金入金までしっかり見届けてまいりました。おかげさまで、3億4000万円を超える獲得支援につながりました。

最近支援させていただいた例をお示しします。

採択事例1:舗装工事・管工事業の場合。

業種土工工事業、建設業様国交省案件で建設会社の一次下請受注
企業規模従業員4名、年間受注額5000万円レベル
投資設備・建機等センサー(マシンガイダンス)つき油圧ショベル
当社ご支援の経緯情報技術を活用した施工方法(ICT施工)による発注が増える中で対応の必要を感じたため、当社協力企業から相談を受け、初回訪問で方向性や当社支援方法に同意いただき、契約。
補助金歴初めて
投資額と補助金額重機代金 約1700万円のうち1000万円を補助金で補填

採択事例2:ディスプレイ工事業の場合

業種百貨店・展示会で使用する装飾ディスプレイ製作・施工
企業規模従業員10名、年間受注額2億円レベル
投資設備・建機等木工レーザー加工機他4種類
相談の経緯複雑デザインを設計データから直接切断する加工機が必要だが、創業から4年目で投資を抑えて出来ないか、と相談を受け、補助金利用を勧めた。
補助金歴初めて
投資額と補助金額4機種計約1300万円のうち約800万円を補助金で補填

採択事例3:金属加工業

業種空圧機器用金属部品加工業
企業規模従業員2名、年間受注額5000万円レベル
投資設備・建機等マシニングセンタ
相談の経緯半導体製造機器の需要が増え、最新の金属加工機(最新型MC)で精密さを上げる必要があり、補助金活用したいとご連絡。
補助金歴初めて
投資額と補助金額約1700万円のうち1000万円を補助金で補填

ぜひ一度ご相談(無料)で、話を聞いてみてください。

無料相談はこちらから。

2月22日 緊急オンライン無料セミナーのご案内

10社様限定で、「建設業・製造業向け 第18次ものづくり補助金使えるセミナー」

を開催します。2月22日 14:00~オンラインです。

申込やご案内は下記より。

「建設業・製造業向け 第18次もづくり補助金使えるセミナー」

日時:2024年2月22日(木) 14:00~15:00

場所:オンライン(Zoom)

費用:無料(お申し込みメールアドレスに、入場用のURLを送付いたします。)


フェニックス経営研究所へのご依頼・ご相談

フェニックス経営研究所へのご依頼・ご相談 DREAM GATE より承っています。

※起業支援ポータルサイト「DREAM GATE」は経済産業省の後援を受けて2003年4月に発足した日本最大級の起業支援プラットフォームです。